校長先生に、誉められた!

混み入っていた取りあえずの雑々な用事群は、明日で終わりそうです。








病院の後、小学校へ。

平日の休みの日にようやっと(暑いほど)晴れました。

家の並びの保育所へは済んだものの、少し離れた小学校へはまだの寄付の図書の束を両腕に下げて小学校の廊下を歩きだしてすぐ、校長先生に出くわしました。

「昨年の学年末学校説明会でおっしゃっていた図書の寄付を持って来ました。6年生の森先生のクラスの者です」と云うと、

「ポコちゃんのお母さん?!そっくりやわ」と校長先生。



びっくりしたわ。
校長先生から、しかも下の名前がスグに出てきたんやもん。



続けて校長先生が、
「運動会の練習が始まって、今年の4ヶ月も早い組立体操に向けた意気込みを掲示板に貼っているんですが、たいていの子どもは“土台に耐える”や“失敗してもあきらめない”、“成功をめざす”といったニュアンスのことばなんですけど、ポコちゃんだけが“この国のみんなに元気と勇気を届けるためにがんばろう!”だったんです。それで本人に学校だよりに載せてよいか聞きに行ったんですよ」
と、本日発行の『学校だより』をくださいました。





やるやん、ポコちゃん。





a0063846_16182515.jpg

息子とさくら<こどもの日@新大阪>

[PR]

by suze69 | 2011-05-18 16:20 | 日記的話題