おじいちゃん。

息子を三種混合の予防接種に連れて行きました。

連れて行った医院は、もう身長を追い越したし、小児科ではなく私の掛かり付け医。

お父さん先生同様懇切丁寧な先生で、ファンは圧倒的にお年寄りです。

その先生に、神戸市中央区とこちらでは日本脳炎の摂取時期スタートが違っていてズレが生じていること、一回抜けていること等を相談しました。

いともカンタンに解決です☆







予防接種を受けるには母子手帳を持参しなくてはなりません。

神戸市からこっちに来て、「やっぱり神戸ってスゴイなぁー!!」とつくづく感心することは、医療従事者が穴の開く程にずっと読み見される点。

かなり出来が良いです。

母子手帳+育児書+予防接種チケット本の三冊がブックカバーでセットになっています。

中面は2色刷で見やすく、赤ちゃんから思春期まで活用でき、優れています。

地方の方のを見せてもらうと、未だに古のシッカロールパッケージの様な赤ちゃんが青刷で印刷されたもので、中面は黒単色刷でした。



そうして久しぶりに母子手帳一式を出してきて、色々と挟んであったモノを整理しましたら。





他界したおじいちゃんと息子のプリクラが出てきたー!!!!!







a0063846_1284967.jpg









偶然。








なんて、偶然。






私、呼ばれてる?!







病院やったし。

今夜はチャーハンでした。

[PR]

by suze69 | 2011-09-07 01:33 | 日記的話題