今日は、神戸でした。

今日は、神戸でした。

そう、診察日です。



予約診にも拘わらず、2時間半も待ちました。


朝7時から何も食べていなくって、おまけにコーヒーやお茶の水筒も忘れてきてしまったものだから、診察を受けた、午後2時30まで。胃カメラも、水分摂ったらあかんリニアックナイフでも、何でもして大丈夫ですよー!状態でした。


診察室に呼ばれて中に入ると、主治医は手術衣で、白衣を後ろ手のベッドに投げ捨ててあります。

「あー、やっぱり緊急オペ入ったんですね」。
「ちゃうねん〜。先週の月曜が休みやったやろ?その患者さんが今週に流れ込んで来てん」。

11月頭に受けるMRIの説明をする看護士も、説明なく投げ捨てやった訳は、それか。
Wの受付とキョトンとしたわ。








まぁ案の定、よろしくないようで。

掛かり付け調剤薬局からもらった処方箋の説明と副作用についての起こった副作用を順に話して行き、主治医はPCに打ち込んで行く。

“治験やないんやし、丸刈りになっても先生のオペを受けた方が良かったわ”となんぼほど思ったか。



あー。
脳が痒い。
胸骨から心臓飛び出そう。
[PR]

by suze69 | 2012-09-25 01:50 | 日記的話題