毘沙門天総本山「信貴山」-(1)

我ら寝ぼすけ母子は、本日予定していた名古屋行きを断念。
なんぼ考えても、氏神さんの火焚神事に間に合えへんからねぇ。
急遽、電車息子を連れて生駒山脈系信貴山と高安山へ行ってきました。
信貴山は毘沙門天を祀る山で、高安山は(記憶では)万葉集にも登場の山です。



a0063846_0274810.jpg

単線に乗り換え、信貴山口駅でさらに信貴山ケーブルカーに乗車。





a0063846_0284616.jpg






a0063846_029112.jpg




写真の行きのケーブル名は祥雲で、水の運搬も行なうと電車息子





a0063846_0312799.jpg




信貴山ケーブルカー高安山駅





ケーブルからバスに乗り継いで、信貴山へ。





a0063846_0323973.jpg



参道で見つけたいい感じの建物“三山荘”





a0063846_034548.jpg



信貴川と左手に“信貴山観光ホテル”、手前に山菜・山里料理“蓬乃里”



山菜・山里料理“蓬乃里”は、昔家族でちょくちょく行きました。ここで初めて無花果を煮た料理を食べました。












山寺の参道を歩いていくと、目的の毘沙門天総本山に到着。

巨大な自動張り子の虎が出迎えてくれます。





a0063846_036189.jpg






その横手にあった2頭の仔虎。

息子に
「背中に乗っといで」。
と言って写真を撮り、向こう手に回ると、





a0063846_037557.jpg






「虎の上に乗らないで下さい」との注意書き。




山の境内を巡っているうち、ん?
マニ車?!
息子に
「回しといで」。





a0063846_040332.jpg






今度は注意書きはありませんでしたよ。










張りぼての虎の胎内に入られるところもあり、入ってみました。
出てきて分かったのですが、
んー。





a0063846_0415054.jpg





四国八十八カ所の砂が踏めたそうな。
せやけど、こういうんは信じんタチやしな。
親友と随分前からお遍路ローラーの約束してるし。
[PR]

by suze69 | 2007-02-04 00:49 | 日記的話題