静鉄と、電車息子。

なんかスッカリやる気のなくなった、しかもいつ行ったんやったんかも思い出すのに時間がかかる、遠州〜駿河の電車旅。
データを見れば、どうやらこれで終われるよやし、ちゃっちゃと仕上げてしまいます。



〜 * :。 〜 * :。〜 * :。〜 * :。〜 * :。〜 * :。〜 * :。〜 * :。〜 



天竜浜名湖線でJR掛川駅に到着後、鉄道マニアですから、新幹線ではなく在来線に。
ちんたらちんたら静岡駅に到着したのは、既に夕方の5時頃。

静岡駅より呉服町に向かって歩くと、なにやらまた祭が。

静岡県に旅でやって来る度必ず、祭に遭遇します。
静岡県人って、祭好っきやねぇ。



夜。
晩ご飯を食べに、好きな町・清水へ。
いつもの寿司屋、清水地魚握の「和〜NAGOMI〜」です。
息子ポコちゃんが
「今度はJRじゃなく静鉄に乗って行こう!」

a0063846_16185254.jpg
静鉄の新静岡駅切符売り場で切符を買うた私に電車が、
「何で切符買うたん? 静鉄、PiTaPa使えるやんっ」
と。
「せやったね。忘れてたわ。ほな帰りな」



帰りも忘れて切符を購入しました。





a0063846_1620969.jpg

静鉄は、『おれんじ賞』受賞らしい。
何やろね。
『おれんじ賞』って。




※PiTaPa=関西一円の私鉄、JRの電車や地下鉄、モノレール、バス等の、改札機にタッチするだけのクレジット式/チャージ式の乗車ICカード



そうそう!
豚まんとアイスキャンデーで有名な「551の蓬萊」の社長夫婦と『清水地魚寿司・和〜NAGOMI~』で盛り上がり、ついつい遅くなってしまってね。
帰る時、遅くなったから駅送迎シャトルバスが終了。
さぶい中タクシー乗り場でタクシーを待てども、来ず。
ドリプラ内のどこかのお店で同窓会があったそうで、みたところ40代の数名の男女も並んでいました。
いったい何十分待ったのか。
そのうち、最後に残ったおっちゃんと話すようになり、おっちゃんはJR静岡までで行き先同じやからと、ようやく来たタクシーに相乗り。
でもね。
うちの電車が
「帰りも静鉄に乗る〜」というから、そのおっちゃんは静鉄の新清水駅経由でJR清水駅に向かわれ、しかもタクシー代を受け取られませでした。
どうもありがとうございました。
[PR]

by suze69 | 2007-11-21 19:15 | 日記的話題