開催中ですが。

阪神淡路大震災の年から復興を願って開催された、『KOBEルミナリエ』。

只今開催中ですが、毎年すっごい人混みやから、元町を去ってからはわざわざ観に行っていません。
1868年の慶應3年12月7日(←旧暦)に神戸港が開港され西洋の玄関口となった神戸・元町の外国人旧居留地から入り、“神戸まつり”で神戸サンバ隊が躍り歩く神戸のメインストリートのフラワーロードまでを一方通行にして、点灯。
ルミナリエは、あれだけたくさんの電灯が一気に消える瞬間がえぇ。
青色ダイオードの採用がOKになってからは、放つ光のさらなる神聖さが増したしね。


大阪へ出戻ってから母親に誘われて、大阪市開催の『光のルネッサンス』に行ったけど、BGMが…。

ルミナリエのBGMはグレゴリアン聖歌やったんやけど(たぶん)、たまたまやったんか、光のルネッサンスは大川沿い特設ステージにて大音量のロック生演奏。

クリスチャンやないけど、「なんかなぁー」でした。
もし一緒に行ってたら、カソリック、プロテスタントの友人たちはどう思ったやろか、なんて。





a0063846_235047.jpg


わりと近くにあるショッピングセンターのツリー。

[PR]

by suze69 | 2008-12-13 23:15 | 日記的話題