<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

岐阜ハム『明宝』。

明日から一週間ぶりの通常営業となる、我々母子。

可哀想に。

学級閉鎖やった息子は、3月中旬頃まで7時間授業が続くそうな。





めっきり春めいた大阪。

紅白の梅は満開で、盆栽の桃も咲き綻んでいます。





時差ぼけ矯正を施した息子が、「これ、いつ食べるん?賞味期限2月24日やけど」。

岐阜へIターンした元コピーライター兄ちゃんとグラフィックデザイナーの奥さんが元日に来られた時にお土産でいただいた、冷蔵庫内で居眠り中の、岐阜ご当地ハム『明宝ハム』を指さして言いました。


a0063846_2311858.jpg



「少しぐらいだいじょうぶや。食べてみて味おかしかったらアカンてことやねん」と私。






厚切りで焼いて食べてみると、和製スパムって感じ〜♪


おいしかったわ。
[PR]

by suze69 | 2011-02-27 23:32 | 厨房・菜単

クロネコも思わず、「すごいなぁー!」。

今年から分の、購読新聞の契約更新をしていました。





洗濯物を干していると、激しく玄関の呼び鈴が鳴り続けます。

「なんやせわしないなぁ」。

戸を開けると、大量のトップを運んで来た運送屋のおっちゃんが、疲れた表情で立ってはりました。


来週いっぱいまでガス管交換の工事のためアスファルトは穴ぼこで、家周辺の道は車両通行止めとなっています。



「運んでくるとなると、そら疲れるわな。25kgちょいやもん」。



再び洗濯物を干しに行くとまた、玄関の呼び鈴が鳴りました。

今度は激しく鳴り続けはしません。

一度だけでした。





出てみると、♪走り続けろ 胸はって届けに行こう〜 理想の自分に〜♪でした。


玄関に置きっぱなしの洗剤を見たTOKIOではなかった配達の兄ちゃんは、「すんごい洗剤の量やなぁー」。

「新聞の契約更新したんですわ」。

「コレも産経さんからやわ」と、配達の荷物を手渡しはりました。


ビールに米でした。





a0063846_16215130.jpg



さて。

どこ置こ。
[PR]

by suze69 | 2011-02-26 16:23 | 日記的話題

トマトとツナの、炊飯器を使ったピラフ。

アメリカ旅行帰りか!!ってな感じで、完全昼夜逆転した息子に辟易。


また私も私で、今週ずっと休みを取っており時間もあり、必要以上にごはんを作っていて、食べきれません。



パートやから、「来月の給料厳しなんなぁー」と、給料日早々に暗くなって、余り物を食べない息子に残ったおかずをアレンジして食べさせたり、安い材料で美味にと工夫しています。





学級閉鎖になって、水疱瘡になって外出禁止になって良かったことは、息子と接する時間がとっても長いこと。

だからか、いま、めーちゃくちゃいい顔していますっ。

カンタンで、本格的。
[PR]

by suze69 | 2011-02-26 00:35 | 厨房・菜単

なかよし。

a0063846_2350076.jpg






医者から外出許可がでました。
学級閉鎖は明日まで。
明日まで仕事の休みを取っています。
さて。
明日、どこ行こか。
[PR]

by suze69 | 2011-02-24 23:56 | 息子的作品

久しぶりに見た、百円札。

ビールを買いに行った時のこと。





レジで先客のオジンが、大量の百円札を出しました。







目を見張る、レジの兄ちゃんと私。










そこまでして、酒呑みたいんかいって思ったねぇ。
[PR]

by suze69 | 2011-02-24 22:22 | 日記的話題

ソースかつ丼って…

a0063846_2251382.jpg

春休みに「サクッと日帰りで福井行こか」と話していました。



本日水曜日は、本屋デー。

an・anを購入し(表紙の吉高由里子がまたキレイ)、るるぶを購入。
恐竜博物館に魅せられたものの、気に入った“ソースかつ丼”が福井のご当地グルメとは知らなんだ。

敦賀なら新快速あるし、食べに行こ。

春になったらね。
[PR]

by suze69 | 2011-02-23 22:57 | 日記的話題

父が逝んで、10年。

10年前の今日、大好きだったFankyな父親が突然、くも膜下出血で他界しました。

オペから10ヶ月ほどしか経っていなく、元旦那の帰化の面接日と重なってたいへんでした。
しかも、さっぶいし。

人生初のお骨拾いが、父のんでした。
よぅわかれへんし、バリバリ麻痺あるし、箸はごっつぅ長いし、巧くつかんで壺という目的の位置までシュートできるか不安でした。
何よりも、よぅ分かってなかったんです。

目の前の大腿骨入れたし。

壺がいっぱいになったようで、父のすぐ上の獣医のおじさんが最後の頭にいはって、砕いて入れてはったん、恐縮に思いました。



式後、フルーツの盛り篭を見て、「1歳になったばかりの息子の椅子にいいかも。エマニエル婦人っぽいやん」に兄が「おう、持って帰ったれや」。
また息子も気に入ってハイハイして座りに行くし。
脚組んで、座るし。

笑ろた。

そっくり、らしい。
[PR]

by suze69 | 2011-02-22 01:44 | 日記的話題

トマトの味噌汁。

水疱瘡になった息子ポコちゃん。
従兄から「肌がキレイやから、予防接種受けといた方がえぇよ」と言われ接種済みでしたから、軽くて済んでいます。
今日から休む旨を連絡すれば、午後になって「学級閉鎖」の学校配信メールが届きました。

寝てばかりで、寝ぐせがかわいい。
まるでヘアスタイルは、ウランちゃん。
「ウランちゃん」と声を掛けると返事をしました。
「あっ、返事した。今日いち日ウランちゃんな」。








昨日NHK放送の『MJ』のゲストのひとりが、柴咲コウでした。
オフの日は、家で料理(和食)を作っているという。
中でも得意なのは味噌汁で、トマトの味噌汁がオススメで、いろんなところで言ってるとのこと。
トマトの酸味が良く、合わせ味噌が合うそうです。

トマト好きやし、つくってみました♪


a0063846_2251648.jpg


おいしかったわぁ。
コレは何回もつくるな。





出汁は、柴咲コウさんは昆布と鰹らしいけど、私はいつもの味噌汁の時と同じ、いりこです。

次は麩入れよ。
[PR]

by suze69 | 2011-02-21 22:11 | 厨房・菜単

今季の、お気に入り米。

百姓の息子だった父親は、特にお米にうるさい人でした。
お父さんの実家は二期作。
お米と芋と、もろ雑穀系のとうもろこしには困らんかったようです。


実家も出戻ってからの今も、最終的に購入する際のお米は、福井県産『華越前』に落ち着きました。
20年は食べてるんとちゃうかなぁ。



しかし、2010年夏のキジガイ程の暑さ。
温帯〜熱帯植物のハズの稲も相当しんどかったようで、全体的にお米の質が低下したと新聞記事か何かで読みました。
確かに、早々に出荷される『華越前』の新米の味も、いつもと違う。

それで他のも買うてみてもやっぱり『華越前』が味えぇし財布にやさしいし、食べていました。








ほぼ毎週米5kgを買いに行く私。

先週ふいに目についた、文字のみの2色刷のパッケージ。

a0063846_1710377.jpg




200円高やったけど、数年間お世話になった丹波のん。
買うてみました。




おいしかってね。

明日も買いに行ってきます。

コピーがえぇよね。
[PR]

by suze69 | 2011-02-19 17:27 | 厨房・菜単

大阪人 3月号『大阪の伝統野菜』

地下鉄駅構内ポスターで見て購入した、大阪人 vol.65 MARCH 2011



a0063846_2115458.jpg



サブキャッチに、知り、作り、贈り、学ぶ。五感で愉しむ大阪の伝統野菜。とあります。





先ず写真に惹かれ、次いでキャッチに引かれて、薄暗くて鬱陶しく地下水が滴り落ちた染みだらけの谷町九丁目駅ホームで立ち止まった私。










中身は、なにわ伝統野菜の紹介から始まって、育て方に料理法と、ほんまおもしろい。


近頃は農業がしぃたいという息子のバイブルになるかもねぇ。

出世しはったなぁ。
[PR]

by suze69 | 2011-02-18 21:00 | 書籍・雑誌等